忘れた頃に給与がUP!!!! 英会話力で即通訳

通算するともう29年間も続けている、私のスキルアップ法を紹介いたします。いま42歳ですから、これは学生時代から意識して続けていた、半ば趣味で好きなことなのですが……本当に急に手当が支給され、明細を見てゼロを数えなおした出来事が、つい去年の今頃のことでした。

英語をはじめとする、いろいろな諸外国の言葉の会話力や筆記力、これの維持と向上です。学生時代にドイツ語を選択してしまい、もともと好きな英語を経由して、授業のメモをとる……これがきっかけです。

その後ずっと、意識しては英語でメモ、ひとり言も英語、映画のDVDは最低3回の観賞をして返却するなど、日常の中に英語圏を取り込むのです。その英語圏へ飛び込んで働くようになったのは、33歳でした。使う予定がなかったものですから、給料に直結させるような欲望を持たずに……給料が上がる後日を経たのでした。

帰国してからも、これらの習慣はずっと続けています。独身主義の一人暮らしの自由さですから、英語でブツブツと文句を言うのも自由です。むしろ英語のほうが本音を素直に話せるほどで、冗談も言えば喧嘩もします。もちろん外国籍の恋人もたくさんいました。

そんなうちの一人と付き合っていた去年の今頃のことです。港に面した運送会社で事務全般の仕事をしていました。英語力を要するような求人内容ではなかったのですが、眺めの気持ち良い、昔に住んでいた港町でしたので、機嫌良く働いていました。

さて、港町の運送ですから、外国籍の船舶が停泊している日は多忙です。メカニックの男性スタッフたちも、重機の整備や運転や操作、港からの荷役作業の監督まで……と、一人がたくさんの仕事に追われます。私も事務所で追われました。

船が運んできた貨物や荷物の手続き、船に積み込む貨物や荷物の手続きの、両方をしていると、どうしても外国籍のお客さんとの電話も必要でした。『もうすぐ弊社の運転手がそちらへ到着いたしますので、敷地内での誘導は日本語でお願いします』などを、英語で連絡することもあり、そんな電話に受けもよく、私は活発でした。

さて、期待などしていなかったので、給与明細を見た月末の私は、誰かの明細と間違えて受け取ったのかと、ゼロの数を数えなおし、名前も確認しました。ドンと手当の欄に数字に印字があったので、何のことだか分からずに、本社へ電話をかけました。

『給与計算の間違いをしていませんか??』
『コトバのねぇ……て・あ・て』芸は身を助くのでした。

職場のあらゆる機会を利用して給料アップ

以前、勤めていたバイト先での話ですが、提案書を作成してセンター長に提出します。受理され所長まで認可されると一時金が貰えるというシステムがありました。

その提案書ですがやや難しいイメージが湧くと思いますが、雛形があり、それに従って記述していくだけです。

先ず、現状で困っていることを記述します。そして、問題解決案、続いて取り入れる事によりリスク回避ができる、又は利益がでる。時間短縮などを順にこの項目に記述していくだけです。

どんな些細な事柄でも記入しても良く、受理されれば仕事も安全かつ楽になるので、一石二鳥になります。

人によりますが提案書を複数作成して一ヶ月の給料の半分稼いでいた人もいました。他には、KYTやQCの発表で浮き彫りになった事柄を取り入れた作業書作りも時間外手当で貰った事があります。

KTYとは危険予知トレーニングの略です。これは1年に一回ある発表で、各部署が集まって危険な事のリスクを改善提案することです。

QCとは、品質向上のテーマで、作業の時間短縮や美観の質などを向上する事を私達清掃部署では参加していました。ですので、1年に一回はこの作業を作成していたので、その月の給料はいつもの1/4多く貰っていました。

その他にも夜間作業手当がありました。これは深夜の時間外清掃の手当です。極稀にある作業で店舗が新しく入る、又は、改装する時と、作業が時間までに終わらなく残ってしまった時に発生します。

作業場の近くに住んでいる人や、事前に契約している人が担当しました。時給は通常の1.5倍でした。作業時間は多くて午前0時から午前7時のもありました。私は専ら、2時間程度の作業をしていました。

最後に昼休憩時の時に突発的な作業が発生した時も時間外労働ですので、当然ながら時間外手当になります。此方は、普通の時給制です。詰所に電話が掛かって来た、店舗の店員、保安部署、管理センター等が主です。

突発な清掃をした日時、清掃内容、掛けてきた人、担当者、時間を書類に記入する事で手当が貰えました。

以上の事で現在の職場で利用可能の事が有ればしていければと画策しています。

個人の自発性が給料に反映する

私の職場は、個人事業なので、会社の利益をあげていくと歩合が付くようになっています。会社の利益が増えて、頑張れば頑張るだけそのぶん、給料がアップしていくようになっています。その代り、現状の安定に浸かっていたり、何も動かないと給料を上げることができません。

又、休みを返上して休みのときにもお客様のことを優先して行動すると、その分お給料に反映していきます。今自分の所属している会社の利益になること、お客さまのためになることを提案していく、そして、実際に、お客様が来てくれるようになって少しでも売上がアップすると、その分、お給料のアップにつながります。

まずは、やってみようと思うこと挑戦していこうと思うことを考えます。それは、今のままではない新しい提案でもあるし、今ある中での改善点である場合もあります。その思いを社長に提案していきます。

社長が、それに対して、承認したら、そのままそれを行動にうつしていきます。その提案の際、社長には、お客様がそれで増えたならば、お給料をあげてくださいとの提案もしていきます。そうすることで、自分のモチベーションも上がるし、実際にお客様がその提案によって増えたときに、着実に給料に反映されるからです。会社の改善点を提案するだけでは、給料を上げることができませんので、改善を指摘し、こうすることでお客様が増えたら、売上の何%をお給料に反映してくださいとはっきり
伝えていくことが大事です。その提案が成功の場合もあるし、失敗の場合ももちろんありますが、何もしないよりは、提案をしていき、お給料が上がるように行動していくことが大事です。