Category: ドライブ

夫と一緒にイタリア旅行にはスマホが便利だったけど

一昨年、夫と2人で初めてのイタリア旅行に行ってきました。

ツアーではなく、飛行機チケット、ホテルの予約は勿論の事、美術館や現地での電車移動の予約などなど、全て自分でやりました。

ローマで4泊、フィレンツエでは5泊し、ローマからナポリは日帰りバス観光に参加、フィレンツエからピサの斜塔は普通の電車でミラノへはイタロで日帰りとかなりアクティブに動きました。

私は英語は片言でしか話せませんが、夫は更に喋れず、イタリア語は2人とも全くわかりません。

それでも昔と違いネットが発達した現代は自宅のパソコンで何でも予約が出来、何でも調べる事も簡単に出来るのですから便利な世の中になったもんです。

しかし何よりも便利で頼りになったのはスマホでした。

あらかじめWIFIも借り、予備のバッテリーも準備万端で行きましたからローマの空港に着いてすぐにグーグルマップを起動。

空港からホテルまでのナビは電車の乗り換えや時刻表まで出るので迷うこともありませんでした。

ホテルでもパソコンで予約した内容をあらかじめ印刷しておいたので困ることも全くなくチェックイン出来ました。

スマホを地図代わりにローマ中を歩き回り、スマホの歩数計は毎日2万歩を超えました。

タクシーに乗った時も行きたい場所をスマホで見せ、乗っている間は道順をマップで確認して遠回りをされていないか確認していました。

レストランでも予約はスマホから前の晩にするようにしました。

お勧めの料理も調べられますし、片言の英語が通じない時はスマホの翻訳アプリで対応しました。

フィレンツエではあらかじめリサーチしておいたお店で夫の革のジャケットを購入しました。

スマホのお蔭で順風満帆だったイタリア旅行でしたが、最後の最後にスマホでは対応できない事が起こりました。

私たちは飛行機の関係で帰国日はフィレンツエから再びローマに戻りました。

ローマの空港で免税手続きをするためにインフォメーションのお姉さんに免税手続きをしたいと尋ねました。

お姉さんはG1に行けと言ったのですが私はYouTubeであらかじめローマの空港の免税手続き場所をチェックしていたのと違うのです。

私は不安になって再度、本当にG1で良いのかと尋ねるとお姉さんは親指をグッとたてて答えてくれました。

G1へは空港内の電車に乗って行き、更に持ち物検査を通ります。

しかしG1ではそれらしき場所が見当たらないのです。

そして上を見上げるとVATはB5と書いてあるではありませんか。

やっぱり、あのお姉さんが間違えたんだと思い、とりあえず腰が悪くてもう歩けそうにない夫をそこに残しB5を目指しました。

空港のいろいろな人にB5はどこ?と聞きながら何度も免税手続きを諦めようと思いましたが1万円があきらめきれずさ迷い歩きました。

そして何とかようやくYouTubeで見たB5にたどり着いたのですB5のVATに。

しかし窓口は閉まっていて貼り紙にはVATはG1に移ったと書いてあったのでした。

今度はそこからG1に戻る道が分からず、近くにいた空港の警備の人に聞くとこの道を真っ直ぐ進めと教えてくれましたが、その道の先には扉があり、扉の外にはバスが走っているのです。

私はG1に行きたい!ともう一度言うと、扉の外のバスに乗れと言うのです。

バスになんか乗ってしまって大乗なのだろうか?本当にG1に行けるのだろうか?と不安で不安でたまりませんでしたがバスに乗りました。

私はこの時ほど日本人に合いたい、誰か助けて~と叫びたい心境で泣きそうになりましたがバスは無事に私をG1に連れて行ってくれました。

G1に着いてもう一度VATを探しているとcustomerとピラっとしたコピー用紙に印刷された文字を発見しました。

なんでもうちょっとしっかりとした案内板を出していないのか腹が立ちましたがイタリア人はそんなもんなのです。

空港内の大冒険の末に無事に免税手続きをすることができたのでした。

長距離ドライブに出る前にするのはチェックと車内の掃除

現地泊を挟む様な本格的な長距離ドライブレジャー。

移動距離も相当なものになるだけに、ドライブ中は常に愛車に対し、安心と信頼感を抱ける様、予定日直前のメンテナンスはきちんとやっておきたいところですよね。

普段から街乗りをしている愛車であれば定期的に点検に持ち込む頻度も高くなりますから、特有の癖や消耗品の劣化ペースが経験則で分かってくるものですが、ちょうど長距離ドライブが直前に差し掛かっているという時になって、意外にタイヤやオイルが消耗していると、思い切って交換してスッキリさせてゆくべきか、あるいは何とか我慢してレジャー後に交換を改めて検討するか、大いに迷うところです。

一度気になり出すととことん不安な気持ちになってしまう私は、少なくとも片道数百キロを超える長距離ドライブをこなすのであれば、タイヤの表面にひび割れがはっきり分かる程度であれば思い切って交換してしまうでしょう。

今のところその様なタイミングに遭遇した事が無いというのも幸いなのですが、車や自らの根本的な安全を支えるタイヤだけに、少しの不安でも解消していった方が安心してドライブに集中出来ると思うのです。

その一方オイルに関しては多少劣化が進んでも若干乗り心地が悪くなるという程度ですから、少々汚れていても無理して頑張ってもらう事にしています。

こちらは何度か経験はあったのですが、いずれも大きなトラブルに発展する様な事はありませんでした。

また肝心の駆動系の他にも、長距離ドライブで長く車内に収まる上で気を付けたいのは車内の快適さの維持でしょう。

いくらエンジンやタイヤが絶好調でも車内が汚れ、生活臭が溢れていては気分も乗ってきませんし、ストレスも早く溜まってしまうもの。

ですから長距離ドライブ前には必ず大きなガソリンスタンドに立ち寄り、車内をしっかりクリーニングする習慣を欠かさないのです。

掃除機を数分掛けただけで想像以上に車内は綺麗になるもので、またそれ以前に多くのゴミや砂利を溜め込んでいた事にも気付かされます。

たとえ同乗者がいなくとも後部座席やラゲッジに至るまでスッキリさせればバックミラーに映る背景もスッキリし、ドライブ中の外の風景もより素晴らしく感じられるものなのです。

今乗っているのはコンパクトで取り回しの良いアクアです。>>アクアの価格
かなりコスパがいいですよね!

思いがけずフクロウを見てバードウォッチングにはまりました

私がひょんな事からバードウォッチングの世界に足を踏み入れたのは、つい3カ月程前の事。

車で約20分程ドライブした先にある大きな緑地公園は、私も息抜きの散策で良く利用するのですが、ある夕刻、その園内で人生初めてとなるフクロウの姿と鳴き声を見聞きする機会があり、大変感動してしまったのです。

その感動から数週間、ハマり易い性格の私はあっという間に、観察用の双眼鏡や周辺機器、アウトドア用のギア一式を揃え、本格的にフクロウの姿を探しに近隣の山野を駆け巡りました。

しかし元々レアな種類だけに容易に発見は出来ず、それならより確率の高いエリアへと愛車を駆って遠征し、再びあの感動を味わいたいと遠征の構想を練り始めるのに大した時間は掛かりませんでした。

ネットでキーワード検索を掛けてみると、それこそ各地から情報がもたらされているのですが、その中でも特別私の気を惹いたのは八ヶ岳山麓一帯のエリア。

古くから有名避暑地で環境も良く、バードウォッチングのメッカとしてその名を知られていた様なのですが、最近では冬季限定で昼でも比較的簡単に野生のフクロウの姿を観察出来るエリアがあり、それ専門のウォッチングツアーも定期的に開催されているとの事。

私の自宅からは車で中央高速に乗り約2時間といった行程なのですが、意識して早朝から出発すれば当日でも十分間に合うに違いありません。

元々このエリアは友人の車に便乗した春先のスキーツアーで何度か足を運んだ事があり、素晴らしい環境である事は既に分かっていました。

ただ目的が本格的な自然観察となると私は全くの素人で、単独で無茶して現地を徘徊するよりも、その地の観察に長けたガイドに付いていった方が確実であろう事は容易に想像出来たのです。

ただ真冬の内陸部におけるロングドライブという事で、心配なのは降雪であり、また不意の路面凍結でもあります。

正直積雪混じりの路面にも慣れておらず、シーズン中はどの程度の降雪があるのか、なるべく早く調べなければ、専用タイヤさえ余裕を持って用意出来ないでしょう。

ですがその他にも温泉・グルメと見どころ豊富な八ヶ岳山麓だけに、期待の方が大きいのも確か。

まだ確実にそのツアーに参加するかは決定していないものの、せっかく用具を揃えただけに、なるべく実現させたいところです。

サービスエリア、パーキングエリア巡りの楽しさに目覚めました!

田舎から東京に出てきてから、ずっと車を持っていませんでした。基本的に東京で車は必要ないですし、維持費もかかります。そもそも車を持つほどお金がなかったのです。

しかし子供ができてからは車があると便利だな、と感じていたところ、実家の親が車を買い替えるというので古い車を譲ってもらうことになりました。

もともとは実用性を感じて持った車ですが、やっぱり車に乗って移動するというのは電車とはまた違った楽しさがあるものだなと感じます。

普段歩いて移動する街も、車に乗って道路から見るのでは風景が違って見えますし、徒歩では絶対行かないようなところにも行けます。

電車で移動するとのは街と街の距離感も感じ方が違い、新たな発見をすることもしばしばです。

都内を車で移動するのも十分面白いのですが、車を持ってみて家族がはまったのが高速道路のパーキングエリア、サービスエリアをまわってみることです。

以前はトイレを利用して小腹を満たすだけの場所でしたが、最近はPA、SAが本当に楽しい観光名所に生まれ変わりました。

もちろんただPA、SAを利用するためだけではなく、それなりにお出かけの目的があってドライブに出かけるのですが、目的そのものよりもPA、SAを利用することの方が楽しかったりすることもよくあります。

ですのでドライブに行くときにはできるだけ早い時間に出て、PA、SAに寄る時間をできるだけ確保するようにしています。

初めて通る高速道路だったら、その目的地までの主要なPA、SAには全部寄ってみます。

もちろん、すべてのPA、SAで物を買ったり食べたりすることはありませんが、販売しているものを見てまわり、その地方独特のものを探したりするのが本当に楽しいのです。

時には地方の農産物なんかも格安で売っていたり、直売店がほとんどない商品が買えたりして、お得な気分になることもしばしばです。

全国でも有名な海老名や談合坂などの超大型のSAエリアももちろん楽しいのですが、逆に中くらいの大きさのSAに意外な面白い食べ物がおいてあったりして侮れないのです。

海ほたるなんかは、もうその存在自体が面白いです。

なんていったって海の真ん中にあるんですから。海風に吹かれながらぼーっとして海と、その向こうに見える東京の街を見ているだけであっという間に時間がたってしまいます。

高速道路のPA、SAはドライブを楽しくするために重要な役割を果たしてくれています。

全国でもっともっと地方色豊かなPA、SAが増えるといいなと思います。

仕事をリタイヤして、子供も大きくなったら、夫婦で全国のPA、SA巡りもいいかも。でもその頃には、ロングドライブがきつい身体になっているかもしれませんが…

ドライブは好きだけど方向音痴。カーナビは便利で助かります。

私は地方に住んでいることもあり、通勤は車で通うことが多かったです。そのため、金曜日に仕事が終わると、なんとなくまっすぐに帰宅したくなくて、良くドライブへ出かけていました。

行先はその時の気分に任せていました。30分以上車で走ると、海に行けるので、天気の良い日は海を見に行ったこともありました。

ちょうど夕日が沈む時間帯に上手くはまると、とても綺麗な夕日を見ることができました。感動する出来事はお金とは関係ないことを実感できました。

私は方向音痴なので、ぶらっとどこかへ出かける時は、なるべく一人で車を運転するようにしています。私の周りの人たちは方向感覚が優れている人たちが多いので、私のように方向音痴なのが理解できないようです。

そのため、一緒に出かける時はいつも道を間違えないように、と構えてしまい、緊張して疲れてしまいます。なので、誰かと出かける時は、進んで運転したいとは思いません。

一人で出かける時は、知らない場所へ行くと、道を間違えてしまうことがあります。しかし、標識を見つけて、遠回りになっても何とか無事に帰宅できています。

これもドライブの楽しみの一つだと私は思っています。道を間違えると、新たな発見があることがあります。

これは知っている道でも同じことが言えます。特に夜間は街の雰囲気が変わってしまい、知っている道でも間違えてしまうことがあります。

物心ついた時から方向音痴なのですが、努力すれば改善出来るのかどうか良く分かりません。

おそらくボーっとしていたり、他の考え事をしていたりして、今自分がどこを走っているのかがわからなくなってしまうのかもしれません。

道を間違えないようにするには、何らかの目印を覚えておくようにしています。場合によっては道を間違えてはいけない場面もあるので、そういう時はかなり気を張って運転しています。

今ではカーナビがあるので、道を間違えることは以前よりも少なくなりました。

しかし、カーナビの道は大きい道がほとんどなので、裏道や近道を知っている場合は、その通りに進まないこともあります。

知らない場所へドライブに行く時、カーナビはかなり活躍してくれます。カーナビのような方向音痴の人でも楽しくドライブができるシステムはとても有り難いです。

運転ヘタな私の為に計画した北海道ドライブ旅行は最高

私が車の免許を取ったのは、三年ほど前になります。

自営業で車を使う家に生まれ育ったので、車の運転は父も母も上手かったです。

そのため、私は車の運転は難しくないと思い込んでいました。

バックでの駐車も車線変更も何の違和感もなく出来るのが当たり前の環境で育ったのです。

高校を卒業してすぐ東京に上京したので、電車が便利な都内では車の必要性を感じなかったので、気がついたら免許を取らないまま十年くらい過ぎていました。

確かに、運転免許がないと自身を証明するときに不便でしたが、不便を感じると言えばそれくらいで数十万円をかけて免許を取る必要がありませんでした。

そのまま時間ばかりが過ぎて、そろそろ免許を取らないと一生無理だろうと漠然と感じた焦りから三十路前に免許を取るべく、運転免許所に通うことになりました。

初めはマニュアルを希望して教習を受けていたのですが、私の運転センスの無さに教官からオートマに変えるように指示があったのです。

その頃から、「あれ、私って運転下手なの?」という嫌な予兆を感じたのです。実際に試験でも「君は、オマケ合格ね」と言われる始末です。

合格をして無事に免許がとれましたが、車を運転するのが怖くて仕方がありません。

地元にある広い道路でも怖く感じるのに、東京の車線の狭い道路では絶対に運転出来ませんでした。

高いお金を出して免許を取ったのに、運転できない私はチキン過ぎると愚痴っぽくなっていた私を気遣って、7月に友人2人が北海道旅行を計画してくれました。

「きっと北海道なら大丈夫だから!道まっすぐだし。市内の車の多い所は、私たちが運転するから」と言ってくれたのです。

北海道に到着するまでは不安でいっぱいでしたが、レンタカーを借りて少し移動すると自然が多くなり、車も私たちが運転する車くらいしか走っていません。

北海道の網走から帯広までの道のりは、長く運転に慣れていないので体力を使いましたが、とても運転しやすく開放感に溢れたドライブになりました。

交代交代で運転する北海道縦断の旅は、とても良い思い出になりました。

運転しているときは、よく見えなかった北海道の緑豊かな自然も友人の運転中に見ることが出来たのが嬉しかったです。綺麗な湖が点々とあって、とても癒されました。

また、休憩した時に食べた微妙な味噌バターラーメンの味は忘れられません。不味いわけではない・・しかし美味くもない味だったけれど、空腹なお腹に染みてまた運転頑張ろうと思えました。

この旅行を計画してくれた友人たちには感謝の気持ちでいっぱいです。

運転はヘタだけどストレス発散にドライブしながら音楽を聴いたり

免許を取ってから20年以上になりますが、運転は下手なので、小回りの利く軽自動車だけを乗り継いでいます。

あまり車に拘りが無く、普通に走ればいい、という考えなのもありますが。自動車税も安くてコストパフォーマンスがいいですからね。

数か月に一度、特に目的無く車を走らせる、気ままなドライブを楽みます。

運転技術の要らない主要国道を、好きな音楽やラジオを聴きながら、ひたすら真っ直ぐ走り続ける、というまあ意味や意義はないものですが、天気が良い日は窓を開けて走ると風が頬に当たって気持ち良いですし、ぼんやりあれこれ考えながら、道々の景色を楽しみつつ走っていると、気分がスッキリするんですよね。

悩み事や先々の事、仕事の事、家庭の事、昔の事、車の中って自分の世界に浸りきれる空間なので、考え事をするにはぴったりな気がします。また、音楽をじっくり聴くのにも向いてますよね。

好きなアーティストの新しいアルバムを買って、自宅のステレオで聴いた後、車でドライブをしながら聴くと、また違った感じで聴こえたり、歌詞がスーッと入って来る事もあります。

趣味でバンドをやっていますが、新しく作った曲のデモテープや、練習を録音した物は必ず車の中でも聴きます。

何故か家で聴くより客観的に聴こえたり、新しいアイディアがふと出て来たりするんです。ちょっと開放的な気分になるからでしょうか。

車の運転が下手な上に、知識も無いので、恥ずかしいトラブルは何度もありました。

初めて車を買って数か月後、ドライブを楽しんでいる時に、メーターの温度計がレッドゾーンに入り、ボンネットから煙が立ち昇り始めた事があったのですが、もうその時は本当に慌てました。

どう対処すれば良いかわからず、とりあえず路肩に寄せて低速運転し、幸いガソリンスタンドがすぐにあったので車を入れて、給油と点検をお願いすると、タンクの水が無くなっていたとの事。なんとも恥ずかしく、情けなかったです。

週末の夜に田舎の自宅から50km程離れた繁華街に遊びに出て、さあ帰ろうと思うとガソリンがメーターのレッドゾーンから僅かに上程度の残量で、帰り道には足りない感じ。ちゃんとガソリン残量見ておくべきだった..と後悔しても時既に遅し。

当時は夜中に営業しているガソリンスタンドはかなり少なく、今のように携帯電話も普及していなかったので、営業しているスタンドをネット検索、という事も出来ず。

もう万一の場合は車中泊、と覚悟して、ラジオもカーステレオも電源を切り、路肩に寄せたノロノロ運転で、極力アクセルを踏まずほぼアイドリングだけで動かすという超節約運転で、奇跡的に自宅までたどり着きました。

いつもの何倍も移動時間は掛かりましたが..(笑)でも今になって振り返るとこれも楽しい想い出です。

あんことハンドル。

学生時代から、つかず離れずといった感じで仲の良い友達がいます。

私はひとり暮らしがしたくて実家から離れた大学に行ったので、当初友達はいませんでした。

そのころ、たまたま話すようになったのがきっかけで、ずっと4年間いっしょのグループでした。

卒業後はなかなか会えずにいましたが、偶然にも私が彼女の家の方面に転勤したことで、食事やドライブに出かけるようになりました。

お互いにドライブは大好きです。

彼女は高校卒業後すぐに免許をとり、遠い実家にも数時間かけて車で帰るベテラン。

一方の私は免許の取得は就職後、何年もたってからでした。

乗っている車も彼女は姉妹の家族も乗せたいからと、3列シートの大きな車、私は自分の足としてコンパクトカーです。

郊外で待ち合わせをして、そのままどちらかの車で遠出をするのがお互いのお気に入りでした。

桜の季節ならお花見、面白い展覧会があれば美術館、神社仏閣をめぐったこともあります。

そんな中で、よく用意していたのが和菓子でした。いい大人になっても、女性は甘い物が好きなものです。

遠くに行くことが多く、車内ではふたりともしゃべりっぱなしだったので、目的地についたらもう疲れ気味ということもありました。

そんなときたまたま、もっていたお饅頭を二人でベンチに腰掛けて食べたことがあったのです。

その美味しかったこと!あんこの甘さに疲れが溶けていくようで、二人してほんとうにほっとしました。

お互いにストレスの多い仕事をしていたこともあり、ドライブでのおしゃべりはとても大切な気分転換でした。

乗っている車が違うように、彼女と私は性格も習慣もずいぶん違うのですが、違うことがこの場合は良かったのでしょう、月に1度ほどのドライブがとても待ち遠しかったです。

それからはドライブには和菓子を欠かさないようにしました。今度はどんなお菓子を用意しようかな?と考えることから、もうすでにドライブの楽しみが始まっているようでした。

和菓子には季節感があり、地域性もあるのでネタが尽きる心配もありません。

ドライブ中はお互い前を見てしゃべっているし周りの風景も変わるので、話をするにも良かったのかもしれません。

何年かのちに、残念ながら再度の転勤で私が移動してしまったので、週末のドライブは出来なくなってしまいました。

それでも今年の夏休みにはこちらに来て、久々に海の近くで何日か過ごしたいと言ってくれています。

もちろんドライブには和菓子を用意します。どんなお菓子で驚かせてやろうかと、今からわくわくしています。